忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 06:43 】 |
アロマ精悍、俺も4歳! 1強崩す!…中山記念追い切り
◆中山記念追い切り(23日) 中山記念・G2(27日、中山)を、ドバイ・ワールドCの“壮行レース”と位置づけた昨年の有馬記念馬ヴィクトワールピサは23日、栗東のCウッドチップコースで追い切られた。M・デムーロを背に、ラスト1ハロン12秒2。しびれるような手応えに、イタリアの優勝請負人は、飛び切りの笑顔で勝利への自信を示した。美浦の坂路では、同じ4歳馬で、中距離路線での飛躍を期すアロマカフェが躍動。初顔合わせとなるヴィクトワールピサに、挑戦状を叩きつけた。

 昨秋の菊花賞(11着)以来の出走となるアロマカフェは、坂路を単走。残り400メートル地点で軽く仕掛けられると、一気に加速した。52秒7―37秒4―12秒2。ラストは鞍上の柴田善が手綱を抑えながら、上々のタイムをマークした。

 「最後は流したが、動きは十分に合格点。体高が伸びて、ひと回り大きくなった。調教の本数もこなしているので、仕上がりは良さそう」と柴田。その成長に、確かな感触を得た様子だった。



そうですね。
この馬も強い4歳世代の重賞ウィナー。

この世代はとにかくタレント揃いですからね。
ヴィクトワールピサ、ローズキングダム、エイシンフラッシュ、ビッグウィークのGⅠ馬4頭。
ルーラーシップ、ヒルノダムール、リルダヴァルなどクラシックには縁がなかった馬にも、
古馬GⅠで通用するレベルの能力のある馬がいます。

インテリアパネル買ってよかった!
PR
【2011/02/24 17:16 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<佑プロ初星!やっぱり持ってた! | ホーム | 食べ放題>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>